中高年のセックスサポートはED治療薬!

勃起不全治療薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスを利用したら良い場合はED症状が見られたときです。
若い頃と比べると勃ちが悪い――その程度ならば勃起不全とまではいかないでしょう。
性的な刺激(手コキやフェラチオなど)を受けても反応しないならば確実に勃起不全EDでしょう。
今回は【中高年のセックスサポートはED治療薬!】というテーマでお話をします。
勃起不全にも症状がありますから、それを理解してください。

■女性との性行為でインサートできないほどの勃起力がないケース
これは<勃起不全>と判断されます。
インサートできない場合でも、その回数・頻度によって軽症・重症などの症状レベルに区分されます。

従来と尺度が少し違ってきています。
昔ならば4回セックスする場合に3回以上勃起できなくインサートできない場合は<勃起不全>と診察されました。
ですが、今はもっとシビアです。
一回でもインサートできなければ<勃起不全>と診察されます。
たまたまインサートできない程度ならば軽度のEDと判断されるでしょう。
EDのレベルではときどきの頻度ならば中程度のEDと見なされ、セックスすることがほとんど無理な症状は重度のEDと診察されます。

■勃起不全には自覚症状が少ない特徴がある
性行為の途中で中折れしたり勃起しないことがあるとしましょう。
でも自分で男性器を刺激すればフル勃起するならば<大丈夫だ!>と思うでしょう。
オナニーで勃起するし射精もできるから<EDではない>と自己判断します。
ですがこれは大きな判断ミスです。

勃起を維持する持続パワーは減少したけれどもインサートができるとしましょう。
ですが満足できる堅さがないならば充分にEDと診察されるレベルです。
中高年になって、しっかりセックスで満足できないならば、すぐに決断すべきでしょう。
勃起不全を疑って初期段階で治療を開始しましょう。
男性専門のクリニックならば安心してまかせられるのではないですか?